パーソナルカラー診断を受けてきました

 おかげさまで、1日は会社に行くことができました。ほぼ座ってただけであり(メールの量には笑った)、定時前に帰してもらいましたが、帰りの電車くらいから頭痛が止まらなくなり家に帰ったら恐ろしい勢いで寝落ちしていたので、元に戻るのはまだまだ先だな、とひしひしと感じているところです。
 これからです。

 

 それはさておき、巷で話題の?パーソナルカラー診断を受けてきました。
 パーソナルカラーとはなんぞやという方はこちらをどうぞ。

kinarino.jp

 生まれ持った肌の色や瞳の色、髪の色によって似合う色と似合わない色があるよ、という話です。
 ざっくり分けると青っぽい色味が似合う人(ブルーベース)と黄色っぽい色味が似合う人(イエローベース)に分かれます。そして、ブルーベースとイエローベースの中でも明るい色味が似合う人、暗い色味が似合う人(ちょっとざっくり言いすぎですが)でさらに2種類に分けられます。この2×2の4種のタイプは季節(春夏秋冬)に例えられます。
 パーソナルカラー診断はお金を払ってプロに自分がどのタイプなのかを診断してもらうというものです。ちなみに自己診断もできます。パーソナルカラー 自己診断 でググれば大量に出てきます。私の場合、自己診断ではどこに当てはまるのかわからん、と思ったのが診断を受けた理由です。
 私の自己診断は、まずイエローベースは間違いないと思っていました。理由はいわゆるショッキングピンク、青みピンクのチークを付けた瞬間に顔色が死ぬから。

  こういうやつ。
 問題は春なのか、秋なのかというところ。「秋にしてはカーキを着た瞬間顔色がどんよりする」「春にしてはパステルカラーが似合わなさ過ぎる」という悩みがありました。
 この夏、浴衣と結婚式用のワンピースの購入を考えていて、高い買い物だし外したくなかったので、この謎を解明すべくプロの力を借りてきました。

 

 診断の流れは、

  1. パーソナルカラーの説明
  2. 白いケープを着せてもらい、春夏秋冬に沿った同種の色の布を顔まわりに当てる
    文章では説明しづらいのでネットで拾った図で。下の四種類のピンクを顔周りにあてる。
    ãã¼ã½ãã«ã«ã©ã¼åã·ã¼ãºã³ã®ãã¼ã³
  3. 違う色(赤、緑、青、黄、、など)で同じ作業を繰り返して、春夏秋冬のどのタイプか判定してもらう
  4. まとめと個別質問

 ざっくりした流れはこんな感じです。

 

 私の場合、自己診断と同じようにサマーでは若干顔色が悪くなり、ウィンターでは徹夜明けのような顔色になりました。これは誇張ではなくマジです。ショッキングピンクの似合わなさすごい。知ってたけどな!
 問題のスプリングとオータムですが、スプリングだと彩度が高すぎてピンクが若干浮いてるという結果に。一番しっくりくるのはオータムのピンクでしたが、若干馴染みすぎていてぼんやりする印象になりました。
 ピンクだとこういう結果になりましたが、緑、黄色、で試してみるとオータムの色が一番しっくりきました。スプリングだと彩度が高すぎてその色だけ悪目立ちしてる感じがどうも拭えなかったんですが、オータムだとぴったり。
 なんでこんなことが起こるかというと、「色のくすみ具合のせい」とプロの方がおっしゃっていました。
 というのも、まず、パーソナルカラーが秋といっても秋の色はこんなにある。

f:id:sky_ctg:20180603212205p:plain
 http://studio-mine.net/CCP027.html

 じゃーん。たくさん。
 パーソナルカラーが秋といっても、この中でも合う色と合わない色はある、逆に違うタイプの色でも合う色はあるんだよ、ということを教えてもらいました。あたしの場合、秋の色の中でもくすんでいない、彩度の高めな色が似合うタイプだ、と言われました。なのでオータムタイプではあるけど、スプリングの要素もあるという感じ。上のパレットだとサーモン、コーラルレッド、ターコイズマスタード、ゴールド、みたいなはっきりした色がよくて、モスグリーンとかコーヒーブラウン、カーキみたいにくすむと顔が若干ぼんやりすると言われました。
 ネットでググると、ウォームオータム、というらしい。
Best colors for Warm Autumn seasonal color women; Warm Autumn color palette | #WarmAutumn #colorpalette                                                                                                                                                                                 ãã£ã¨è¦ã

 プロすごい!!!!!!!これでかねてからの疑問が解決できました。

  • パステルカラーのアウターが似合わない
    ⇒あたしに合わないスプリングの色をアウターとして面積広く持ってきてるから
  • カーキのアイシャドウを塗ったりトップスで着るとなんかおかしい
    ⇒秋の色だけど、くすみすぎてるから
  • 同じカーキでも超しっくりくるアウターもある
    ⇒彩度が高めのカーキ(上で言うと「ライトモス」に近い)だから

 プロの方によると、あたしの場合、オレンジ系はだいたい似合う(上でいうとサーモン、ディープオレンジ、コーラルレッド、ゴールド)と言われました。朱赤に近いトップスとかでも浮かないよと。知らんかった!これは収穫です。ちょっと挑戦してみたい、かも。

 あと言われたことを箇条書きで書きますと(ベースカラーのことが多め)、

  • 真っ白をトップスに持ってくると浮いてしまう。黄みがかかってる、いわゆる「キナリ」系がベスト。
  • ウィンターの色と相性が悪いので、黒は安易に選ばないほうがよい。冬のタイツは焦げ茶、濃い紫、なんかを持ってくると浮いて見えない。
  • ベージュ系は大体似合うからなんでも大丈夫。
  • グレーは気を付けたほうがよい(自分でもグレー着ると顔が死ぬなあとは思ってた)。グレーを着る時は上でいうオータムグレイみたいな、黄色がかったいわゆる色のあるグレーを選択すること。

 とのことでした。ベースカラーについてはだいたい思ってたことと一緒だったので、納得。

 1時間という短い時間でしたが、すごい楽しかったです。プロの方に「桜庭さんは結構色に対して敏感ですね」とも言われてちょっとうれしくなったりもしました、笑。これからセールがはじまるけど、これで無駄な買い物が減る!!!!……ことを期待しています。