クラシックの祭典!

 ラ・フォル・ジュルネ・2018に!
 いきました。有楽町駅に降りてすぐに木琴のカヴァレリア・ルスティカーナが聴こえたので俄然テンションがあがりました。
 これを書いてて気づきましたが、写真の一枚も撮ってない。笑 同行のひとがあんまりスマホを見ないひとなので、あたしも一緒にいるときはあまりスマホを出さない=写真も撮らない、という図式ができやすい、んだよなあ。笑
 なので記録はこれだけ。簡易プログラム。

f:id:sky_ctg:20180506195954j:plain

 夏の夜の夢+メンコン(メンデルスゾーンまつり)、イタきそ+プロコピアコン3番(数の暴力)、シェエラザード(改めてあの曲ソロ多いね……)。ご馳走様でした。ぜんぶよかったけど二人でご飯食べてるときにピアコンが暴力的すぎていちばんよかったね、という話をしていました。笑 個人的には一番楽しみにしてたのもプロコフィエフだったりしました。
 このお祭り、数年前からやってるらしいと聞いて、とうきょうすごい……ってなりました。お祭りって書きましたけどほんとうに完全なるクラシックのお祭りでした。チケット安いし、そこらじゅうでアンサンブルやってるし、屋台もいっぱいあるし、飲料はほぼ酒だし、笑。こうやってクラシックの敷居を低くするのはとてもよいことだと思いました。家でクラシック聴いてたら「さすが……おしとやか……」とか言われるので、そういうイメージをなくしたい。ただ声のないBGMなだけだよ!

 ハイライトとしては、

  • メンデルスゾーンプロコフィエフであの広い国際フォーラムホールAの指定席の隣の方が同じ方だった(プロコフィエフの終わりに「さっきお隣でしたよね?」って言われて気づいた)
  • 終わった後飲み屋で「いつもは炭水化物とか頼まないけど、(あたしが)ちゃんと食べなきゃだから、今日は炭水化物頼むぞ!」って臨んだはずなのに店員さんに「ワインお好きなんですか?おつまみ系たくさん頼まれてたのでお好きなのかなって(*^^*)」って言われる

 ふたつめはさすがに笑った。

 あと、日比谷ミッドタウンの前を通り過ぎたんですけど、入るのに超並んでた。こわい。半年くらい後に行く。