わたしの世界の切り貼り

 最近見て、聴いて、よかったものたち。

 

アンチェルの蝶 (光文社文庫)

アンチェルの蝶 (光文社文庫)

 

  女性が書いたとは思えないハードボイルドな展開。硬いけど読ませる文体、終始仄暗い雰囲気、そして……。落ち込んでいる時に読むのはオススメしません。私は真実が明かされた瞬間に職場で読んでることも忘れて息を呑みました。悪夢のような本だった。最強にお勧め。

 

www.3lion-movie.com

 従妹といっしょに見に行きました。原作知識はほぼなし。少女漫画原作と知りながら、自らの将棋を切り開いていく少年漫画的展開は青の数学っぽかった。神木くんがガリガリでびっくりしたのと、お姉さんの香子さんがいい感じの悪女でした。有村架純さんはキラキラした女の子より、こういう意地悪な役のほうがいいのではないかとまで思ってしまった。高橋くんは変な役やってました。使い方をよくわかっていらっしゃる。後編も行くとは思うんですけど、激重そう。

 

www.dickbruna.jp

 土曜日に行ってきたんですけど、凄く良かった。展覧会の解説本も迷わず買いました。

 ミッフィー60周年記念展覧会を見てからディック・ブルーナさんをほんとうに尊敬しているんですけど、その「シンプルの正体」が詰まっていた展覧会でした。シンプルの具現化。たぶん、そこまで削ぎ落とすまでの過程にものすごいディテールが詰まっているのだと、想像できる。連載推理小説の表紙が並べられていたところがね、あんなにシンプルで、ひとつのモチーフしか使っていないのに、きちんと個性があるの。凄い。ぎゅっと詰まったディテールに、畏敬の念を覚える。東京でGWお暇な人はGINZA SIX冷やかしのついでにぜひ。

 

Faction World

Faction World

 

 シナリオアートが天才すぎる。さいこう。