読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひさしぶりですね

 おひさしぶりです!

 びびった。いつから書いてないんだ。ウケる。前書いたブログのタイトルを見て瞬時に日付が出てくるので、ざっと4ヶ月はなにも書いていなかったことになりますね。文章も下手になるわけだわ。

 

 この4ヶ月のあいだ、いろんなことが起きすぎてびっくりしています。そういう期間になることはわかっていたけれど、覚悟した以上にいろいろなことがあたしの身に降りかかりました。濃すぎて、全部を思い出そうとしても難しいです。いま何から書こうかなーって思って文章綴ってるけど、ほんとうになにから書いたらいいのかわからない。

 とりあえず就活のことからかな。3月に入って就職活動が解禁され、あたしも就活生となって活動をしていました。活動自体は無事に終わっており来年から社会人として働く予定です。

 就職活動中はいろいろありましたが、無事終わった今からすると、月並みな言葉ですが「就活は縁だ」と思いました。ほんとうに使い古された言葉だし、あたし自身もこんな言葉ウソだろって思ってたんですけど、これはほんとまじだ。

 天邪鬼で周りがみんな言っていることに「そうだね」ってなかなか言わないひねくれ者のあたしが使い古されすぎているこの言葉になぜこんなにも拘るかというと、就職活動中に虫垂炎にかかってぶっ倒れて入院をかましたからです。内定を頂いた会社の面接はちょうど倒れる前と倒れた後にあり、時期がちょっとでもずれていたら面接にこぎつけなかった可能性が大きかったと思うと顔が青くなるどころじゃすまないですね。縁を感じずにはいられませんでした。あと、運が良かった。

 お腹痛いこれやばいぞ?と思って町医者にかかったら大病院に回され、検査後「盲腸ですねー切りますかー」となり即日手術だったというアレです。生まれてはじめての手術でした。ついでに言うと入院も(生まれた時以外は)はじめてで、あと点滴も打ったことなかった。2014年はころころ病気で倒れましたが、それまではかなりの健康体だったので、なにからなにまではじめての経験。一番でかい病気がおたふく風邪だったからな!手術自体はほとんど切ってませんしたいしたことなかったですし、4日で退院できましたし、痛みも最初の日にのたうち回ったくらいであとは平気だったのですが、とりあえずびっくりしました。ほんとうに術後は体力がすごく落ちるんですね。人間の生活ができてなかった。

 しかし、「健康に気をつける」ということが目標だった2015年にまさか手術するとは、ねえ。なんも目標守れてない。

 この件に関しては周りがあたし以上にびっくりしている感じがあり、お見舞いに来てくれた友人だったり、心配をかけた方々にはほんとうに頭が上がらないです。また、就職活動中、この件も含め周囲の方々にはたくさんご迷惑をかけたと思います。就職先が決まるまでの期間、もうちょっと耐えられると思っていたのですが予想以上にきつかったので、結構いろいろと当たり散らしたと思います。それでも大変だねと話を聞いてくれた方々には感謝しかない。無条件で愚痴を聞いてくれると思って信頼して寄りかかれるような人がいてほんとうによかった、というのは就活を終えて思うもうひとつのことです。

 ということで、この4ヶ月間のトピックとしては「急性虫垂炎」と「就活」でした。いやーこの2つが並列するなんてなかなかないぞ。濃すぎるだろ、この4ヶ月。

 

 いまは、卒業に向けて努力を重ねる日々です。正直心配事はたくさんあって、たぶんこのことに関してはまた別に文章を書くと思うのですが、一区切りついたことをとりあえずブログにてご報告させていただきます。

 そしてこのブログの更新を再開したいということも。笑 たぶんそんなに実のあることは書かないし書けないと思うのですが、記録のため、そして自分の文章力を衰えさせないためにもひっそりと続けていけたらいいなと思います。