読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「所詮」という言葉は偉大ですね。

 昨日、こんなことを訊かれました。

 「桜庭は毎日やってるタスク、楽しい?」

 なので、こう答えました。

 「楽しいとか考えたことなくて、ただやることだからやってるって感じで、つまんないとか楽しいとかそういうのあんまり思ったことないです」

 私的には普通の答えだと思ってたんですが、何言ってるのこいつ、みたいな顔をされたのであちゃー。やらなければいけないことに自分の感情を必要以上に使いたくないっていうのは随分前から感じていたこと。それなら、好きなもの、好きなこと、好きな人に感情を使いたいと。でも周りを見てるとほんと自分の成果に一喜一憂してる人が多くて、バカにしてるのでもなんでもなくそういう人がすごいなって思ってる自分がいる。

 そうなりたいんでしょうね、多分。それはそれでしんどいんだろうけど。でも自分にそこまでの期待をかけることが今の自分にはできない。

 そして、そのあと将来の話になったりしたんですが、前から私は結婚とか、就職とか、そういう話がすごく苦手というか、つまんないって感じてしまう。そこが自分のすごい悪いところっていうのは感じているから、それを顔に出さないように細心の注意を払って話すので、この話題をするとものすごく疲れます。

 逃げてるだけなのかな、と思わないでもない。自分はアレだから自分に本気になるなんてバカみたいだ、と。

 ううむ。

 

 この会話のあと、完全に考えが後ろ向きになっていたのでよくないなと気づいたので、帰った後見るアニメのことを考えて切り替えてたら、同期に「そらちゃん昨日ぼーっとしてたけど調子悪かった?」と言われてものすごおおおおく反省しました。

 昨日から見始めたんですけど、境界の彼方、おもしろいです。