ソチ五輪個人戦プレビュー「蒼穹なリンクで女子も大飛翔」 女子編 そのいち

***お詫び***

 先日のエントリで真面目な話をしましたが、桜庭そらは男子フリーの日、思いっきり寝坊をかまし、最終グループしか生で見る事が出来ませんでした。偉そうなことを色々言いましたが、町田や天才テンちゃんの演技は完全に録画で見ました。起きた時、羽生やチャンが6分間練習をしていたときの絶望感は言葉では言い表せません。

 大変申し訳ございませんでした。(誰にだよ)

 女子は寝坊をしないと心から誓います。Twitterでも名前を変更する事で自分を律しきちんと仮眠を取ろうと思っております。

 

 タイトルは町田樹様からお借りいたしました。

 

Group 1  
1 GLEBOVA Elena
  EST
2 PARK So Youn
  KOR
3 DALEMAN Gabrielle
  CAN
4 POPOVA Natalia
  UKR
5 McCORKELL Jenna
  GBR
6 FRANK Kerstin
  AUT

1 エレーナ・グレボワ(エストニア

 クレオパトラ一人目。てか、あれ、グレボワ滑走順早くないか……?24歳と中堅〜ベテランの年齢ではあるものの、ひっそりとトリノオリンピックから出場している古株。昔は大味なジャンプと雑な演技でハラハラしていたが、それは今の昔でコーチを変更してからだいぶ滑りもきれいになった。エストニア人なのに、フリーのクレオパトラがものすごくクレオパトラっぽい。

2 朴小宴(韓国)

 韓国ひとりめ。まだ16歳と若い子。どことなくモーションがユナ子ぽいので、あーやっぱり影響されるんだなーと見てて思う。オーソドックスなジャンプを跳ぶ子。スピンもステップもそれなりに上手。だけど、ジャンプの確実性がまだまだ課題。実はショートプログラムからひっそりと3S+3Tを装備しております。

4 ナタリア・ポポワ(ウクライナ

 かわいい。スピンが上手。グランプリシリーズは2試合出場。シーズン後半戦からジャンプの軸がぶれんぶれんになってて桜庭は一人でざわざわしていた。ブレジナも調子を落としていたからコーチのペトレンコの方がざわざわしていたと思うけど。団体戦も出場。

5 ジェナ・マコーケル(イギリス)

 嫁。夫はベルギーのケビン・バンデル・ペレン(KVDP)さん。彼女も息が長い選手。ダイナミックなフリップジャンプが魅力的だけど、最近はあまりジャンプをまとめられていない印象がある。しっかり良い演技をして、フリーに進んで欲しいところ。

Group 2  
7 ZHANG Kexin
  CHN
8 OSMOND Kaetlyn
  CAN
9 HAN Brooklee
  AUS
10 WILLIAMS Isadora
  BRA
11 KIM Haejin
  KOR
12 EDMUNDS Polina
  USA

7 張可欣(中国)

 中国の若い子。モチベーションの問題でちょっと調子を落としたり大会に出なかったりということもあったものの、ソチに出てくるまで復活したのは良い知らせ。団体戦も出場しました。3T+3Tやルッツなど高難易度のジャンプでも軽々ビシバシ跳んでくる。スケーティングの拙さやつなぎの少なさもあってなかなかPCSが上がってこないのが悩み。

8 ケイトリン・オズモンド(カナダ)

 カナダが誇るつなぎの鬼。「つなぎしてなきゃ死んでしまいます!」要素と要素の間で何もしていないということがほとんどない。チャンといいつなぎないとカナダ人はしんでしまうらしい。昨年、スケートカナダでいきなり優勝して注目を集めたが、今季は怪我をしてしまってシーズン前半は棒に振った。間に合ってよかった。細身、というよりはちょっとむちっとした筋肉質な体型もこれまでのロシェット→ファヌフという系譜を引いてていいですね。何がいいのかわからんけど。団体戦ではショート、フリーと出場。カナダの銀メダルに貢献するいい仕事をした。

11 金海珍(韓国)

 韓国ふたりめ。10代の子を二人も連れて来れるって、キム・ヨナが残した功績って大きいなーと感じる。一時期は3Lz+3Loという一番難しい3回転3回転も跳んでた選手。もちのろんルッツが得意。以前見たときはジャンプにものすごく癖があったので、体型も変わっているだろうし大丈夫かな。

12 ポリーナ・エドモンズ(アメリカ)

 アメリカの「まさかあなたが五輪にくるとは思わなかった」枠2号。たぶん、男女シングル合わせても一番のサプライズ。1年前の自分に「アメリカの3枠目エドモンズ」って言ったら驚く以前に「誰それ」って言う。絶対言う。全米選手権で桜庭が「誰これ」と言ってる間に3Lz+3Tを軽々跳んでショート2位で折り返し、フリーも強豪選手が調子を崩す中、1転倒でまとめあげて五輪切符を獲得した。こいつ……できる……。怖い。清楚なスケートと独特で高い高難易度のジャンプが武器。フリーはビールマンスピンでしれっとチェンジエッジする。怖い。結構この選手の演技を楽しみにしてる自分がいる。怖い。

Group 3  
13 RAJICOVA Nicole
  SVK
14 UKOLOVA Elizaveta
  CZE
15 GJERSEM Anne Line
  NOR
16 GEDEVANISHVILI Elene
  GEO
17 KIM Yuna
  KOR
18 WEINZIERL Nathalie
  GER

16 エレーネ・ゲデバニシビリグルジア

 いけない人に人気な選手。グルジアはオリンピックボイコットの噂あったので、ほんと出場できて良かった。彼女もグレボワと同じでトリノ五輪からの古株。バネみたいにぴょーんと跳ぶジャンプが魅力。調子の波が激しく、同じ試合でもショートとフリーではいい意味でも悪い意味でも別人みたいな演技をする事が多い。ユーロでも、ショートはよかったのに……ショートは……ショートは……。シーズン前半は痩せ過ぎだったので、けっこう心配してた。

17 金妍兒(韓国)

 滑走順はええwww4年前のオリンピックチャンピオンであり現世界女王。よくわからないスピードからそれを殺さずビシバシジャンプを決めていくために、GOE加点がえげつないことになっている。3Lz+3Tはやる選手増えたけど、未だに女子では一番いいもの跳ぶと思う。20代なのに。スピン、ステップも4年前と比べたらだいぶ成長したけど、まあジャンプにかかる比重が大きい選手ではある。ショートプログラムが得意なので、まずショートをノーミスで滑らないとどうにもならなさそうな今大会とは相性がよさそう。韓国選手権ではまだまだかなーという感じも見受けたから、あそこからどこまでコンディションが上がっているか。まあでも去年もそんな感じだったけど、蓋を開ければ世界選手権では圧勝だったので、2連覇の可能性は十分ある。ショートプログラムの衣装がたくあんって言われてるけど黄色ナメんな。ギラヴァーンツ!!

18 ナタリー・ヴァインツアール(ドイツ)

 ドイツのかわい子ちゃん。今回の名前難読枠。「ヴァインツアールと3回言ってみよう!」団体戦にも出場。若いけど、ショートから3T+3Tを装備してるあたり欧州の期待出来る若手らしさがあってとてもいいですね。ショート、フリー合わせて3回あるルッツが全部コネクティングステップ入れてるあたり、ルッツが好きすぎてたまらないらしい。いいじゃないか、僕もルッツ大好きだから、結婚しよう。

 

後半はまたこんど!