読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリンピックシーズンだし適当にGPSを振り返るよ 欧州女子編

 あけましておめでとうございます!桜庭さんは新年からハムスターの帽子被るくらいは元気です!

 書き上げたのに、うp忘れてた。

 

◇ Carolina KOSTNERカロリーナ・コストナー)イタリア

 ここ数シーズンの安定感と比較するとうーん、と首をひねりたくなる出来だったが、中国杯では明らかに不調だったジャンプをロステレコム杯でそこそこ修正してくるのはさすがベテラン。ロステレコム杯ではリプニツカヤとプレユーロとばかりに死闘を繰り広げた。「こんなおちびちゃんに負けてたまるもんですか!」なお、実際のコストナーはとってもいい人です。他のメダル候補たちと今の時点ではジャンプ構成で少し劣るのは確かなので、精度をもうちょっとあげておきたい。

 ショートのユーモレスクの素晴らしさは今季イチといってもいいほどだけど、フリーのシェヘラザードはちょっと薄味。こういう普通に盛り上がる定番曲をコストナーに普通に滑らしても盛り上がりに欠けるのかな、というのが正直な感想。ボレロに戻すかもという噂もあるらしい。それでもいいと思う。昨季からやってる、フリーの最後に跳ぶ3Sは決めてもコケてもかなり心臓に悪い。「はっはっは、みーんなここで心臓潰すがいい!」なお、実際のコストナーは以下略。

 

◇ Valentina MARCHEI(ヴァレンティーナ・マルケイ)イタリア

 佐藤有香の元、ベテランになっても急成長中。昨年くらいからいいコンディションで試合に臨めている。プログラムも、ショートの「帰れソレントへ」・フリーのフラメンコ両方極上の出来になっております。少々ミスっても、プログラムが助けてくれるから印象がとてもいいんだよね。グランプリシリーズでは、ショートは盤石。問題はフリーだけど、スケアメではちょっとミスが多過ぎた。ただ、NHK杯ではそこそこ修正できてたので大丈夫。スケアメではフリーでにっちもさっちもいかなかったルッツがちょっと戻ってきたのが朗報。3本揃うことができるといいね。2A+3Tは1本もクリーンに決まらなかったけど、これも挑み続けたらいいと思う。

 イタリアは2枠あるので、ソチは間違いない。いやもうほんと、マルケイ in ソチはうれしい。ものすごいトップ選手っていうわけでは決してないけど、バンクーバーに出られなくて心折れてもおかしくなかったところを、ここまでスケート続けてくれてるのがほんとにうれしい。

 

◇ Viktoria HELGESSON(ヴィクトリア・ヘルゲソン)スウェーデン

 妹はタノルッツ。おねえちゃん。ブロンド×ショートカットって最強だねって思わせてくれる逸材。彼女はグランプリシリーズ通してかなりコンディションが悪そうだった。得意であるはずのトリプルループが2試合ともまったくといっていいほど決まっていない。それに伴い他のジャンプもぱっさぱさのクッキー割ったみたいにぼろぼろ取りこぼしてる感じ。ジャンプの軸が、ファミレスでメニュー見て散々悩んで決めたにも関わらず、友達の決めたメニュー聞いた途端また迷う人くらいぶっれぶれだった。スケアメではまあ初戦だしと思ってたけど、TEBでもまったく変わってなかったので心配。得意なはずであるステップもちょっとバタバタした印象を受けたので、単純にコンディションあがってないのかな。ソチ五輪は内定。まずユーロで修正したいね。

 

◇ Mae Berenice MEITE(マエ・ベレニス・メイテ)フランス

 フランスの☆。肌の色が黒くて長身でパンツな衣装が似合ってすげえかっこいい、というかイケメン。ワグナー姐さんとメイテがもし同じクラスにいたら私はバレンタインデーでどっちに本命チョコ渡すか散々迷うと思う。で、結局決めきれなくてリプニツカヤあたりから冷たい目で睨まれる展開希望。

 スケアメもTEBもいい出来だった。フリーの3S+3Tが2試合ともばっちり決まっているのが好印象。私的にもメイテの3+3が大好きなのでニヤニヤしてました。かっこよすぎてニヤニヤしてました。ただ、この選手、フリーで後半にジャンプ2本しか跳んでないんだよね。スタミナに多分に問題があるのだろうけど。全てのエレメンツにおいて加点もがっぽりもらえますみたいな感じでもないので、ものすごく上にいくのは難しいかもしれない。ジャンプ構成は上々なので、加点くれえええええ!と叫んでみるといいかもしれない。ソチは大丈夫。フランスは団体戦もあるはずなので、縦横無尽の活躍を期待。というか、私が見たいだけです。メイテ好きなんだよね。

 

◇ Elene GEDEVANISIHVILI(エレーネ・ゲデバニシヴィリ)グルジア

 絶不調。まず、痩せすぎ。何が起きた。NHK杯のときなんて、げ、げ、ゲデさん、お支えいたします、いやそのやましいことはなにもなく、ただ心配で、あのその、ってくらいげっそりしてた。演技もなんかもうとりあえずなにもかも路頭に迷って帰ってきてない感じがして、ゲデ子こっちやで、帰っておいで、いやそっちちゃう、こっちやうわああああ落とし穴、って感じの演技ばかりだった。ほんと、さまよってる。ジャンプも冒頭のルッツ以外はサルコウとトゥーループしか跳んでないし。グルジアの枠はあるので、ソチはだいじょうぶだけど、色々と大丈夫じゃない。心配。

 

◇ Natalia POPOVA(ナタリア・ポポワ)ウクライナ

 グランプリシリーズ2試合参戦の快挙。国籍は違うけど、ソニア・ラフレンテを思い出した。どちらも順位としては振るわなかったけど、演技としての印象は悪くなかった。去年はジャンプもなにもかもにっちもさっちもいかない感があったけど、スピンはとってもきれいだった。これといったものすごい強みはないものの、欧州のきれいで清楚なスケーターに成長していた気がする。ただ、スケカナはいい出来で、ロステレコム杯もショートは3Fにミスがあっただけでそこそこできてたのに、フリーでいきなり失速したのが驚き。全部のジャンプの軸がぶれんぶれんになって、失速の仕方が急降下すぎて見ているこっちが意味がわからなかった。ペトレンコチームはブレジナもめちゃくちゃだし、ソチまでにペトレンコの胃に穴があきそうでこわい。

 

 女子は次で最後だよ!男子は見てない人が多いからやるかわかんないよ!