おかえりなさいが響く幸せ

 下畠翔吾!

 おかえりなさいが言えた事が嬉しいです。ユース出身の右サイドバック。この試合はいつも右サイドバックで出ている安藤が出場停止だったために下畠がスタメンに抜擢されたのでした。自分にとってはユースの頃から見ている選手なので思い入れは大きいです。一時期はJFL佐川印刷に修行に出されたりもしたのでトップにあがってからはなかなかサンガのユニフォームを着ている姿が見られなかったのですが、公式戦で初先発という舞台を与えて貰えて本当に良かったと思います。

 試合は2-0で完封勝ち。

 後半は右サイドが見やすい位置だったので翔吾ばっかり見てました。天皇杯決勝で、試合が終わった後に悔しそうにしているところを善成に肩をぽん、とされたその後ろ姿が思い出されます。もちろんダメだったところはあるにしろ、公式戦の出場はあの日以来だったにもかかわらず、落ち着いたプレーができたんじゃないかなあと思います。大木さんも評価しているようでしたし。

 とにもかくにも、これが第一歩なのです。できないこと、できたこと、たくさんあったし試合後のいろいろな声も聞きました。でもね、これが第一歩だからいいんです。これは声を大にして言いたいのですが、プロで出た試合が完封勝利だったなんてそうそうあることじゃないんです。試合後に泣いてしまったみたいだけどぜんぜん恥ずかしいことじゃないと思います。デビュー戦が彼にとっていい思い出にできてよかった。そのいい思い出を引き寄せたのはほかでもない彼の力があったからなのです。素晴らしいことですね。

 安藤という高い高い壁を崩すのは大変だと思うけれど、これからも頑張ってほしいなあ。右下畠左福村というのが普通なことになったら私は倒れてしまうかもしれない。笑 自分はサイドバック萌えなんですけど彼は生え抜き×サイドバックということできゅんきゅんしますね。笑

 この試合は先発駒井・下畠で途中から原川・宮吉が入ってきたので生え抜きが4人もピッチの上に立つことができました。にょほほ。熊本の低調さにも助けられましたが久しぶりに?勝てて良かったですね。

 水曜日は北九州が熊本と試合をやるのでこれくらい低調で来てくれたら助かるんだけど……そううまくいかないのも事実なんだよなあ。北九州は……神戸に勝つつもりでいたので今日は悔しかったです、じたばた。勝ちたいー。