さようならでもまたねでもなく、「よろしく」って

 君を知ってから、あたしは君のことをずっと忘れなかった。ほんとうに、縋り付くように想ってきた。あたしの中で君という存在は時間を経るごとに変わっていったとは思う。だけど忘れるなんてことは考えたことがなかった。
 京都を出ることになっても君のことを忘れない自信はあった。あったけど、ひとつ心配があった。それは、距離っていう絶対的な壁はこの想いにも影響してくるのかな、ってこと。忘れない、忘れるなんてありえない、っていう自分の中のこの常識にも距離というものは踏み込んでくるのだろうかと。
 だけど、この想いで自分を勝手に雁字搦めにしていたこの8年は長かった。距離なんて、そんなの、この感情を阻むには弱すぎたね。


 京都を出て暮らしたこの1年半+αくらい。事あるごとに君を想ってきた。たとえばあたしの中で君のイメージは澄み切った青空のまま固定されているから、いまだに外がすっきり晴れていたら、君がいるみたいだ、なんて思ったり。雨の日は嫌いじゃないけど、君には似合わないって考えるし。
 君がいなくなった日当日どころか、毎月のその日にまで思いを馳せてた。
 そして何よりも、つらかったとき。もうだめだって思ったとき。支え、とはまた違うのかもしれないけど、あたしは君を思い出してた。最終地点に君が待っているんだとしたら、このまでは逢えない、こんな情けない姿じゃ駄目だ、って思ったら、もう一歩立ち上がろうかという気になった。
 あの場所にはJRに乗って、新幹線に乗って、私鉄に乗り換えて、途方もない時間をかけないとたどり着けない。それにたどり着いた先の場所には君の痕跡などもう残っていない。
 遠いなあって思う。
 でもそれがどうしたんだろうね。何も、関係ない。
 最初から距離なんてずっと遠かったんだから。


 だからさようならを言うためではなく、またね、があるかもわからかったけど、今後ともよろしくと言いに行くために、ちょっとだけ、一瞬だけ、挨拶をしてきました。
 そこに君はいないって知ってるけど。でもさ、挨拶するには、そして気持ちの整理にはちょうどいい場所じゃない?
 これから何処に行っても、誰と出会っても、どういう道を歩んだとしても、君のことを忘れるつもりはないです。どういう形で覚えているのかは分からないけど。ただね、形が変わるのはもうあんまり怖くない。怖かったときもあったけど、もう怖くないや。
 君が大事だって絶対的な基盤は揺るぎないって分かっちゃったからさ。
 墓場まで持って行く覚悟ですからね、あたしは。
 でね、あたしがそっちへ行くときは全力で君を探す。ほんとはその手を取りたいけど、まあそこまで贅沢は言わないよ。ただこんにちは、って挨拶するくらい、いいでしょう?
 ただ今はそのときじゃないってのも分かってるからさ。

 こっちで君のためにやれることなんてもう残っていないのも知っているから、ただ歩き続けるだけです。そして歩いていくために、君を忘れないでいたいです。

色付きリップ、じゃなくて色付きの飲み物

 日本は水道水が飲める国でよかった、と思うくらいには水が好きです。

 病院で「水分を取らないのは良くない」と言われたのもあり、水分摂取には気をつけております。もともとあまり水は飲まない人間だったので、気をつけないと途端に飲まなくなる。
 今まで飲んでいた主力水分はでした。そのまんま水かよって思われた方!!待って、いや、だって、美味しいやん。冷えているお水は美味しい!!!!11お茶よりも圧倒的に水が好きです。自販機でも「50円くらい安いのに美味しいから」という理由で水を選択したりする人間です。あと水だけで酒飲めます。これはあんま関係ないか……木村良平も水だけでいけるって言ってたよ!さらに関係ない。
 会社にちゃんとお茶を持っていっていた去年の春くらいに、自販機で何の躊躇いもなく水を買っている自分を省みて「これ水筒の中身も水でいいのでは……」と思いたち、この春から水筒にはほぼ水を入れて暮らしていました。この春から夏、会社で飲んでいたのは必然的に100%水だったということです。自販機でジュース買ったら「贅沢だなあ」とか思ってました。ついでに言うと風呂上がりの野菜ジュース(パック)もだいぶ贅沢だなとか思っておりました。

 そんな修行僧みたいな生活をしていた私ですが、現在飲み物QOLを上げようと励み中です。なぜかっていうと飲み会で知り合いにこの生活がばれて、「(せめて会社では)もうちょっと色のついた飲み物飲んでもいいと思うよ」と言われたから。しかも複数人に。笑 あとは、後述しますが飲み物QOLが上がるようなツールを複数頂いた、というのも要因だったりします。

 その一つが紅茶を茶葉から入れられるタンブラー。結婚式の引き出物で頂いていてたまーに使ってはいたのですが、いかんせん水で事足りていたという事情がありまして。でもこのままではだめだ!ということで、最近はかなり出番が増えています。休日はゆっくり紅茶をいれて楽しむという習慣ができつつあります。あと、水出し紅茶のパックなんかも最近は買っているので、紅茶を飲む習慣はだいぶ復活しました。
 水の次に好きな飲物は紅茶です。実家にいたときは毎朝ミルクティーが出ていたし、自分でも狂ったように作って飲んでおりました。一人暮らしになってからはさっぱりでしたけど、復活してみて思う、紅茶はよいものだ。

 次に手を出したいのはコーヒー!
 コーヒーはあまり縁がない飲み物でした。桜庭家が紅茶に偏った家だったというのもあるかもしれません。コーヒーを飲むという習慣がなかった。はじめて飲んだのも高校生のときだったなあ。部活のパンフレットを作りに印刷所に行ったら出してもらって、おそるおそる飲んだら意外に飲めるなこれ、と思ったのを今でも思い出す。
 そんな感じで、コーヒーは飲めるけど選択しない、という感じの、嫌いとも好きともかけ離れた飲み物でした。
 しかし実はコーヒーメーカーなる贅沢品をこのたび頂いてしまい、この際挑戦してみようかなと考え中です。自分の部屋のラックに鎮座しているのがいまだに違和感があるうえ、コーヒーの粉がそのへんで買える(?)ことを今週知ったという初心者なんですが大丈夫でしょうか。

 とにかく「色の付いた飲み物だ!」とか言わなくなることが現在の目標です。目標が低い。

その場所でひとり

 千葉マリンスタジアムに行ってきました。コラボ企画をやっていたので、つい。つい☆

 SideMからはドラマチックスターズの3人がご来場。い、生きてる……(声優さんを生で見たときの桜庭の感想No.1)。
 桜庭薫の声の選手紹介はもれなく死ぬのでやめてほしかったり、八代くんの投球をにやにやしながら見守る内田雄馬が可愛かったり、ダンス完コピのドラスタ三人組だったり、花火と謎の魚を見てはしゃぐ内田雄馬が可愛かったり。
 しましたが。

 それはそれとして。

 野球には疎いまま生きてきました。どれくらいかというと、中学生の時「BSO」を「BべーSすぼOーる」と本気で思っていたり、ちょっと前までフライが美味しそうとか思っていたり、守備する人と攻撃する人は別人だと思っていたり、まあこれくらい。
 さすがに今はそんなことはないんですが、やはりルールはぼんやりしたところが多いので、横に解説者をつけていただいて観戦。おかげで楽しめました。
 マリンスタジアムはスタッフさんがセーラー服なのが良い感じ。カワイイ!

 

 初心者的な感想を言うと、ピッチャーっていう存在が気になった、ゲームだったなと思いました。

 テレビで見ていたときはどうしてもバッターにフォーカスされがちなのかな、と。テレビで見ているときよりも全体を見渡せるので、ピッチャーに注目して見ていました。スローインヤクザとして有名な桜庭、投げてればなんでもいいのか!
 いや、違います。笑
 注目した理由は、ピッチャーが孤独だな、と感じたから。攻撃の時はホームのサポーター(?)が塁に上がった選手に対してチャント(?)を歌ってくれるし、球場全体が打ってほしい、打って欲しい、っていう推進力のある盛り上りに包まれているのがわかった。
 けど一転、守備になるといつまでも盛り上がっているわけじゃない。その空気感の違いがなんとなく、彼を孤独にしているような気がして。もちろんホームのサポーター(?)はみんな彼がちゃんと投げれますようにって祈っているしストライクを取ることを願っているのだけれど、あの攻撃のときのような勢いを持った後押しではない中での一球一球。

 ロッテの先発ピッチャーだった二木選手、1回表でいきなり2点取られてから、それでもあの場所で投げないといけない、投げ続けないといけないっていうのは大変だなと思って、なんとなく力が入りました。

 また見れたらいいなあ。

ピッチ脇で描く夢 (ジェフ千葉 1-3 FC岐阜)

 あたしはパスサッカーより、どちらかというと守って耐えて超速いFWが一瞬の隙をついて抜け出したパーフェクトカウンターとか、きれいなサイドチェンジから一発どーんとか、わかりやすくてシンプルなサッカーが好き。そう気づいたのは南アフリカのW杯、繋いで繋いでというチームよりもシンプルを具現化したようなサッカーを見て目をきらきらさせていた。

 だから、大木サッカーはあたしの理想ではまったくなかった。つまらないと思ったことはない。むしろすごい、と思ったことは何度もある。でも理想だと思ったこともない。だから、大木さんは京都でなにもできなかった監督だ、と、あたしはまだ思ってる。あんなサッカーをしてくれた想い出があるじゃないって言う人もいるだろうけど、あたしにとってのそれは理想じゃなかったから。それに実際、結果だけ見ると大木さんは京都でなにも残せずに去ってしまったから。天皇杯は準優勝。J1へ昇格することはできなかった。どれだけすごくてもその結果は結果だと割り切り切り捨てられるくらいには、現実、だったんだと思う。

 

 27日、フクアリで千葉と岐阜の試合を見ました。結果は千葉1-3岐阜、なんと風間こーやがハットトリック。前の方にいたこーやギャルとか感無量だっただろうな。

 久しぶりに見た生の福村さんはなんだか身体つきも、プレーも頼もしくなっていてドキドキしました。ゴール前でよく悪くも全く慌てなかったり空中戦が死ぬほど危なっかしかったりスローインが可愛かったりするところは全く変わっていないんだけど、随所にチームを引っ張っていこうという姿勢が見えたりして。福ちゃんがかっこいい……。実際、岐阜は若い選手も多いし、J2という舞台ではかなりの経験を積んでいる選手ではあるし、副キャプテンとかやってるみたいだし、それくらいになってもらわないと困るんだけれど、しかし感無量。これからもずっとスタメンでサッカーやってほしい。

 そして久しぶりに生で見た大木サッカー。久しぶりに生で見た「大木監督」。

 このひとの作るものは、あたしの理想とは遠い。のに、こうやってほいほい見に来て心臓潰されそうになるくらいヒヤヒヤさせられて、勝ったあとはしゃいでサングリア買って祝杯までしてさ。

 理想じゃなくても好きって言わせちゃうんだよ、あの人は。ほんとうにずるい。あの頃、すごい熱心に京都を見ていたあの頃、たとえ理想じゃなくても結果が出なくてもすごいとか楽しいとかパス回しがきれいとか言わせちゃう。ピッチ上にそういう非現実のような夢を作ってしまうんだなって思った。

 だからこそあのとき、昇格してほしかったんだな、って改めて振り返ると思う。あたしは別に好きじゃないけどすごいよね、なんて言わせたまま、夢みたいなサッカーで結果も掴み取ってほしかった。

 岐阜の順位は決して上の方ではないし、資金も限られているチームで理想を描くのはたいへんだと思う。実際大変なことになっているのも見たことある。

 だけどがんばってほしい。

 あなたの描く夢を追えるのは、やっぱりしあわせだと思うのです。

わたしの世界の切り貼り

 最近見て、聴いて、よかったものたち。

 

アンチェルの蝶 (光文社文庫)

アンチェルの蝶 (光文社文庫)

 

  女性が書いたとは思えないハードボイルドな展開。硬いけど読ませる文体、終始仄暗い雰囲気、そして……。落ち込んでいる時に読むのはオススメしません。私は真実が明かされた瞬間に職場で読んでることも忘れて息を呑みました。悪夢のような本だった。最強にお勧め。

 

www.3lion-movie.com

 従妹といっしょに見に行きました。原作知識はほぼなし。少女漫画原作と知りながら、自らの将棋を切り開いていく少年漫画的展開は青の数学っぽかった。神木くんがガリガリでびっくりしたのと、お姉さんの香子さんがいい感じの悪女でした。有村架純さんはキラキラした女の子より、こういう意地悪な役のほうがいいのではないかとまで思ってしまった。高橋くんは変な役やってました。使い方をよくわかっていらっしゃる。後編も行くとは思うんですけど、激重そう。

 

www.dickbruna.jp

 土曜日に行ってきたんですけど、凄く良かった。展覧会の解説本も迷わず買いました。

 ミッフィー60周年記念展覧会を見てからディック・ブルーナさんをほんとうに尊敬しているんですけど、その「シンプルの正体」が詰まっていた展覧会でした。シンプルの具現化。たぶん、そこまで削ぎ落とすまでの過程にものすごいディテールが詰まっているのだと、想像できる。連載推理小説の表紙が並べられていたところがね、あんなにシンプルで、ひとつのモチーフしか使っていないのに、きちんと個性があるの。凄い。ぎゅっと詰まったディテールに、畏敬の念を覚える。東京でGWお暇な人はGINZA SIX冷やかしのついでにぜひ。

 

Faction World

Faction World

 

 シナリオアートが天才すぎる。さいこう。

浅田真央選手 現役引退

 どの曲を滑ってもその曲を的確に全身で表現できる演技スタイル。それでいて、トリプルアクセルに拘る勝負師としての姿。その頑固な、頑なな背中。誰かの特別、になりやすい選手だといつも思っていた。

 一方で、浅田選手があたしの特別だったことはほとんどなかった。それでいて常に誰かの特別で在り続けた選手なので、あたしは彼女の引退にあまり語る言葉を持たない持てない。気がした。

 だけど筆をとる。とるしかない。書きたい。

 そういう、選手だった。笑

 

 あたしにとっての浅田真央選手は、あたしが他の誰かに夢中になっていたときに常に隣で走り続けていた存在だった。

 あたしは金妍児の演技スタイルと戦い方と3Lzが恐ろしいくらい好きで、それと真反対をいく、且つ所謂ライバルであった彼女の存在は思うところもいろいろあった。そして、しのぎを削る二人の後ろで苦しみ続けていた、キミー・マイズナーが好きすぎて、ほんとうに、死ぬほど好きだったから、二人を見るのも苦しかったときもあった。あったよ。

 だからこそやはりバンクーバーは忘れられない。

 キミーの出場が絶たれて。友加里さんが負けて。膝を折りそうになりながらも見た試合。張り詰めたショートプログラム。はっきりと勝敗が決まったフリースケーティング

 浅田真央、という選手を思い出すとき、あたしにとってはバンクーバーまでの4年間が、あまりにも色濃すぎる。

 でも普通の人からしたら彼女といえばソチ五輪かもしれない。眠い目をこすってフリーの生放送を見届けたのは記憶に新しい。浅田選手はショートプログラムの時点で16位で、最終グループのその一つ前のグループにさえ残れず、製氷前に起きないといけなかった。でもあのフリーには眠気全部吹っ飛ばされた。彼女の実力があればショートも完璧に滑れたという未来もあったと思うから、「あのショートがあったからあのフリーがあった」なんてことを思ったことはない。だけど蓋を開けてみると、ほんとうに彼女らしい五輪だった。

 

 さっきも書いたけど、浅田選手があたしのとくべつ、になったことはなかった。だからこそ隣で、苦しみながらもがきながら彼女がずっとずっと走り続けていたのを知ってる。

 そしてこれを書きながら、あたしは彼女が作った時代を情熱を持って見ることができていたのだな、と思った。

 よかったです。

 とにかく、おつかれさまでした。でも、これが終わりじゃない。きっとまだまだ、新しい光が待ってる。いろんな選手を見届けてきたあたしが言うんだから、間違いない。笑

 

 ちなみに、一番すきなプログラムはソチオリンピックプレシーズンの「白鳥の湖」です。

ifに対する畏怖

 10時に起きて、11時までダラダラして、ひとしきり反省してから、洗濯・作り置き、と終わらせて今に至ります。キッチンの掃除は作りおきの後に終わらせたので、あとはお部屋の掃除と、冷凍用のご飯炊いて、お弁当作って、……かな。

 あとはそろそろ衣替えをしていいとさすがに思うので、真冬のニットやらアウターやらをクリーニングに出しに行きます。

 一人暮らしをはじめてそろそろ1年になるけど、家事をあまり面倒だと思ったことがないな、と気づく。料理は、確かに時間はかかるけど、節約になるうえに楽しいし。掃除はあまり好きではないけど、最低限はしないと暮らせないし。服が好きなので、自分で自分の服を管理できる洗濯も結構好き。

 なので、変な話、あたしは結婚してもそんなにズボラ妻にはならないのではないか、と思いました。

 問題は結婚というものに対するモチベーションなのだと。

 こればっかりはどうしようもない。まだ、怖い。たとえ誰から「そんなこと言ってるうちに年取ってどうしようもなくなるよ」って言われても、やっぱり怖い。誰かをしあわせにするとか、どこからそんな自信が湧き上がってくるの?

 結婚したい、と思うような二次元キャラがあまりいないのもこのあたりの畏怖に起因しているような気がしてきた。

 根深い。

 降ってこないかなあ、ガウェイン。この世で唯一旦那と呼んでる二次元キャラです。